Counterplan

耐震・制震構造

耐震・制震構造

プレウォール

高耐震パネル「プレウォール」

独自開発の「真壁サンドイッチ構造」により、高い耐震性を実現。
壁倍率3.3倍、5倍で設計が可能です。

軸組と床・壁パネルを組み合わせた「プレウォール」は、耐力壁をバランスよく配置する「モノコック構造」。高い耐震性の実現に最高な建築構造です。

モノコック構造とは?

「モノコック構造」はジャンボジェット機にも使われる一体構造のことで、どの方向から荷重がかかっても全体に分散し、部分的なひずみやくるいが生じにくいのが特徴です。

2回目以降、強度の低下が少なく、
繰り返しの地震に強い!

繰り返しの地震を想定した強度比較実験

1回に受ける強度低下が極めて少なく10回連続加振後でも設計値を
大きく上回る強度が確保されます。

柱と柱の間に壁を設置する
「真壁サンドイッチ構造」

「真壁サンドイッチ構造」は、地震の揺れが伝わると壁が突っ張ってしっかりと耐えます。また、柱に壁材を釘で打ち付けるだけの大壁構造にくらべて柔軟性があり、繰り返しの揺れにも強いので、余震があっても安心です。

プレウォールの耐震性を
三次元実大振動実験にて証明!

震度7x2回

加振最大速度818gal

過去もっとも被害の大きかった、
阪神淡路大震災にて観測された、
同レベルの地震波で検証。

積雪1mを想定”業界初”積雪荷重10トン

積雪1mを想定し、
小屋10.12トン、2階床7.92トンの、
鉄板のおもりを設置。

震度7・震度6弱連続加振回数10回

震度7(JMA神戸波100%)2回、
震度6弱(JMA神戸波50%)8回、
合計10回の加振に耐えられました。

積雪1mを想定した積雪荷重を10トン、積載荷重を8トン、合計18トンの荷重をかけた状態で、震度7を2回、震度6弱を8回、合計10回の加震に耐えられました。
試験体は構造体のみでありましたが、実際の建物では石膏ボードの強度も加わり、より一層強い構造となります。

実大震動実験での残留変位の変化

実大震動実験での残留変位の変化図

※3回目以降のデータは変わらない。11回目以降も変わらないと想定。

被災した建物の変形量
(残留変形)等で判断する基準

応急危険度判定
  • 残留変形量
    150mm以上
    建物への立ち入り禁止
    危険
  • 残留変形量
    50mm~150mm
    建物の使用不可
    要注意
  • 残留変形量
    50mm以下
    建物の使用可能
    調査済

プレウォールの残留変形量は7.01mm

建物の使用が可能であり、
大地震から人命・財産を守れるレベル

高強度だからできる、
オープンな間取り

強度にすぐれたプレウォールで建物を支えているので、間取りの制限が少なく、大空間・大開口をとることも可能。
吹き抜けや大きな窓がある広々としたリビングなど、ご家族の夢をかなえ豊かなくらしをとどけるプランがつくれます。