ページトップ

woodlink

ヘッダーエントリー
woodlink
ヘッダーエントリー

仕事ってことを忘れてしまう。
構造設計はパズルのよう。

スタッフ07

仕事ってことを忘れてしまう。
構造設計はパズルのよう。

金沢店設計課
構造プランナー

中嶋 紘志

建築学専攻 卒
2013年 入社

ナンバータグ

金沢店設計課 構造プランナー

中嶋 紘志

建築学専攻 卒/2013年 入社

Q. 設計課ではどのような仕事をされていますか?

「プレウォール工法」などプレカット商材の設計を行っています。基本的な流れとしては、お客様(住宅メーカー)からいただいた平面図をもとにCADを使って構造設計を行い、同時に見積もりを作成します。それらの資料をもとに営業がお客様と打ち合わせを行い、承認が得られたらプレカット工場で使う加工データを作成していきます。

staff08
Q. 中嶋さんは大学・大学院と建築を専攻されていました。どうして住宅の意匠設計(デザイン)ではなく、構造設計の道を志望されたのでしょうか?

もともとはデザインについて勉強していました。研究のひとつに金沢市の寺院群の実測調査があり、寺院の寸法をこと細かに測って書類にまとめるという作業を行っていました。古い木造建築の柱や梁を見ていると、造りがものすごく頑丈なんです。そこで木造の構造がどうなっていて、どのくらいの強度があるのだろうと興味を持ちました。就職活動では住宅メーカーの内定もいただいていたのですが、じぶんがなにに興味があるのかを改めて振り返ったときに、構造がいちばんだと感じてこの仕事を選びました。

staff08
Q. 構造設計ならではの楽しさや魅力とはなんでしょうか?

構造設計というとむずかしいイメージがありますが、実際にやってみると、家を組み立てていくパズルみたいな感覚なんです。セオリーはあるけど正解はなくて、じぶんで自由に家の骨組みを設計できる。もちろん遊びではありませんが、ゲームのような楽しさがあって没頭してしまいます。テレビゲームが好きな人とかは得意かもしれません。あとはやっぱり、じぶんが設計した物件を見るとやりがいを感じます。担当した飲食店には、プライベートで食事に行くこともありますね。店員さんと話したりはしませんが、心のなかで「俺がやったよ」って思ってます(笑)。

staff08
Q. 仕事をする上でのポリシーや大事にしていることはありますか?

構造設計には正解がないので、営業、設計、さまざまな人から、いろんな意見が出てきます。この人とあの人の意見がちがうということもよくあります。そこでもめてしまうこともあるのですが、それぞれに必ず理由があるので、決して否定はせず、全員の意見を尊重して反映するということを、コミュニケーション面も含めて大事にしています。

staff08
Q. 新人のときに仕事で悩んだことはありますか?また、それをどのように乗り越えましたか?

設計には覚えることがたくさんあります。コンピュータの操作とか、家の細かい納まりとか、木の知識とか。僕は同期のなかでもいちばん物覚えが悪くて悩みました。そのとき上司に相談をしたら、「1年目は失敗してあたりまえなんだから、気を落とさずに」と言ってくれて。その言葉には助けられました。「大学のときみたいに一からノートにまとめてみたら」というアドバイスもいただいて、きちんと整理と復習をするようになって、少しずつ覚えていくことができました。また、現場見学から得られるものもたくさんありました。構造の設計は頭のなかで3Dを描いていくのですが、難しいものはやはり実物を見たほうが理解しやすいですね。

staff08
Q. 最近ご結婚されたと伺いました!おめでとうございます!!!新婚旅行はどちらか行かれるんですか?

ありがとうございます。今度10日間ほどの休暇(特別休暇6日間+有給休暇)をいただいて、妻とモルディブに行ってきます。僕ははじめイタリアがいいって言ったんですけどね・・・(笑)。海がきれいらしいのでとても楽しみにしてます。当社は有給休暇もあらかじめ申請すればちゃんともらえるし、休みは充実していると思います。

staff08

モチベーショングラフ

モチベーショングラフ

ある日のスケジュール

staff08
○○ ○○○○
スケジュール

/ プライベート /

大学時代の研究室のメンバーと定期的に集まって旅行に行っています。去年の夏は男5人で沖縄に行きました!

プライベート
staff08

メッセージ

大学での建築の授業はデザインのことが多いと思います。僕もそうだったんですが、家を断面で切ったときにどういう構造になってるかって、大切なことなのにあまり習わないんです。構造というものにもぜひ興味をもってほしいです!

社員紹介一覧ワークスタイル

採用情報

採用情報