採用情報

先輩社員へのインタビュー

■構造プランナー(設計職)

相澤 秀幸 所属:富山店設計課(2013年入社)

自分の仕事が役に立てたということを実感できた。
Q. どんな業務をされていますか?
CADによる軸組設計、プレカット加工データの作成、見積書作成。
(1) 工務店さんから頂いた平面図や立面図などをもとに、柱・梁など構造材の軸組設計及びCAD入力。
(2) 確認事項や細かい納まりを営業担当者と打ち合わせ。
(3) 営業担当者が工務店さんに最終承認をいただいた後、加工データ作成のため詳細なデータを入力する というのが主な仕事の流れとなります。
Q. ウッドリンクに入社を希望した理由を教えてください。
大学では建築の勉強をしていたわけではありませんでしたが、祖父が建築関係の仕事をしていたこともあり、小さいころから興味を持っていました。就職説明会で住宅の軸組設計という仕事について話を聞いた際、「建築の学校を出ていなくても、会社に入り、勉強して様々な知識をつけていけば、設計のプロフェッショナルになれる」と言って頂きました。
自分も一生懸命努力して知識や技術を身につけて誰かの家を建てることに携わる仕事をしてみたいと思い入社しました。
Q. 入社後は、どんなスタートでしたか?
入社後の一週間は、会社の概要や木材の基礎知識について学びます。その後、約半年かけてCADオぺレーターとしての研修が始まります。木材の知識、構造やCAD入力の操作、営業担当者との打ち合わせの仕方など様々なことを学びます。実物件を任せていただけるまでに、入社してから
一年程度の月日がかかります。建築知識がなくても、充実した研修制度があるため安心です。
Q. 仕事の中でいちばんプレッシャーを感じる場面は?
基本的にはお客様に安心して住んでいただくということでいえば仕事全てにプレッシャーを感じますが、その中でも複雑な構造の物件を担当した時が最もプレッシャーを感じます。しかし、同時にそれだけ自分自身の実力が認められているとも感じます。打ち合わせや入力にも多くの時間を費やし大変ですがその半面、無事に上棟したときの達成感は堪りませんし、やりがいを感じますね。
次への自信にも繋がります。
Q. 仕事をしていて面白いと思うところは?
・ 同じ形をした家は無く、全てオーダーメイドのため常に新鮮な気持ちで仕事に取り組める。
・ 自分の考えた事、提案した事がカタチになる。
・ 難しい物件をやり遂げた時(複雑な構造)。
常に新しい事に目を向けて挑戦している会社なので、次から次へと覚えることが出てきて大変でもありますが、同時にそれが刺激的で面白いところでもあります。自分も成長しながら、お客様の要望に応える、提案していく。そのサイクルの中で、どんどん自分を高めていくことができる仕事です。

エントリー